メジュゴリエのノヴェナ(第8日)-30周年記念

LINEで送る
Pocket

聖母マリアメジュゴリエに聖母が初めてご出現になってからこの2011年6月25日で30周年となります!
この記念すべき喜びの時を祈りのうちに感謝の心で迎えるために、ノヴェナの祈りが呼びかけられています。

このノヴェナは、6月15日から始まり、6月23日に終わります。
どこにいても、この喜びの祈りのうちに一致できる聖母巡礼として、ノヴェナをお捧げしませんか?

(英語: http://www.medjugorje.org/anniversarynovena.htm


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


【第8日】メジュゴリエのメッセージとその実りが実現されるため

1.平和の元后への祈り (1日目を参照

2.聖霊に対する賛歌(Veni Creator Spiritus) (1日目を参照

3.ロザリオ-栄えの玄義

[黙想]

『神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。』(ヨハネ3・16-21)

『愛する子供たち! 今日、あなたたちが私に与えてくれたこの偉大な日に、私はあなたたちと共にいるこれらの日々は、恵みの日々です。私は聖性の道を歩くようあなたたちを教え、あなたたちを助けたいと思っています。私のメッセージを理解すること、そして私が告げることを真面目に受け取ることを望まない多くの人がいます。しかし、だからこそ私はあなたたちに呼びかけ、そしてあなたたちの命とあなたたちの日々の生活によってあなたたちが私が今ここに現れていることを証しするよう求めます。もしあなたたちが祈るならば、神は私が来ていることの真の理由を発見するようあなたたちを助けられるでしょう。ですから、小さな子供たち、祈りなさい。そして聖書を通じてあなたたちのために私の来ていることのうちに含まれているメッセージを発見するよう、聖書を読みなさい。私の呼びかけに応えてくれてありがとう。』(1991年6月25日のメジュゴリエのメッセージ)

『マリアは教会をかたどる完全な祈りの人です。マリアに祈るとき、私たちはすべての人間を救うために御子を遣わされた御父の計画に、マリアと共に身を任せます。イエスに愛された弟子のように、すべての命あるものの母となられたイエスの御母を、私たちのところへお迎えします。私たちはマリアと共に祈ることも、マリアに祈ることもできるのです。教会の祈りは、いわばマリアの祈りに支えられ、マリアの希望に結ばれています。』(カトリック教会のカテキズム 2679)

4.聖母の連願 (1日目を参照

[結びの祈り]
御父に感謝します、御子と御母を与えて下さったことを。御子と御母を信じ、耳を傾ける者は皆、道を見失うことがありません。いつくしみのうちに一人ひとりを、咎めることなく心にかけて下さり、感謝します。今日、このメジュゴリエにおいて御母が祈られたすべてのこと、ここから全世界に注がれたあらゆる恵みについて祈ります。その恵みによって聖性の実が結ばれ、あなたの救いのご計画に仕えることができますように。アーメン。


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


LINEで送る
Pocket