メジュゴリエのノヴェナ(第6日)-30周年記念

LINEで送る
Pocket

聖母マリアメジュゴリエに聖母が初めてご出現になってからこの2011年6月25日で30周年となります!
この記念すべき喜びの時を祈りのうちに感謝の心で迎えるために、ノヴェナの祈りが呼びかけられています。

このノヴェナは、6月15日から始まり、6月23日に終わります。
どこにいても、この喜びの祈りのうちに一致できる聖母巡礼として、ノヴェナをお捧げしませんか?

(英語: http://www.medjugorje.org/anniversarynovena.htm


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


【第6日】これからメジュゴリエを訪れる巡礼者のため

1.平和の元后への祈り (1日目を参照

2.聖霊に対する賛歌(Veni Creator Spiritus) (1日目を参照

3.ロザリオ-栄えの玄義

[黙想]

『そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主である父よ、あなたを褒め称えます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。そうです、父よ、これは御心に叶うことでした。すべてのことは、父から私に任されています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。疲れた者、重荷を負う者は、誰でも私のもとに来なさい。休ませてあげよう。私は柔和で謙遜なものだから、私の軛を負い、私に学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。私の軛は負いやすく、私の荷は軽いからである。」』(マタイ11・25-30)

『愛する子供たち! 今日、私はまた、あなたたちがここにいることを喜んでいます。私は母としての祝福であなたたち一人ひとりのために執り成しをします。私のメッセージを生き、生活に移し、実践するよう、新たに呼びかけます。私はあなたたちと共にいます。そして毎日あなたたち皆を祝福します。愛する子供たち、今は特別な時です。ですから、私はあなたたちを愛し、サタンから守るため、そして私の子イエスの御心にもっと近づけるために、あなたたちと共にいます。私の呼びかけに応えてくれてありがとう。』(1993年6月25日のメジュゴリエのメッセージ)

『新約の祈りとは、神の子らと、限りなくいつくしみ深い御父、その御子イエス・キリスト、そして聖霊との、命に満ちた交わりのことです。神の国の恵みとは、「人間の全精神が三位一体とまったく一つに結ばれること」です。だから祈りの生活とは、至聖なる神の前に常に留まり、その交わりを深めることです。この命の交わりは常に可能です。洗礼によって私たちがキリストと一体となっているからです。私たちの祈りは、キリストとの交わりにある限りキリスト教の祈りであり、その体である教会の中で広がっていきます。その祈りは、キリストの愛の広さと同じ広がりを持つものなのです。』(カトリック教会のカテキズム 2565)

4.聖母の連願 (1日目を参照

[結びの祈り]
主よ、私があなたを選んだのではなく、あなたが私を選んで下さったのです。あなただけが、ここメジュゴリエで聖母を通してあなたの愛の啓示の恵みを受け取ったすべての小さな人びとのことをご存知です。これからメジュゴリエを訪れる巡礼者のために祈ります。サタンの攻撃から彼らの心を守り、あなたの聖心と聖母の御心から与えられるすべての悟しにその心を開いて下さいますように。アーメン。


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


LINEで送る
Pocket