メジュゴリエのノヴェナ(第2日)-30周年記念

LINEで送る
Pocket

聖母マリアメジュゴリエに聖母が初めてご出現になってからこの2011年6月25日で30周年となります!
この記念すべき喜びの時を祈りのうちに感謝の心で迎えるために、ノヴェナの祈りが呼びかけられています。

このノヴェナは、6月15日から始まり、6月23日に終わります。
どこにいても、この喜びの祈りのうちに一致できる聖母巡礼として、ノヴェナをお捧げしませんか?

(英語: http://www.medjugorje.org/anniversarynovena.htm


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


【第2日】メジュゴリエで司牧にあたる司祭たちのため

1.平和の元后への祈り (1日目を参照

2.聖霊に対する賛歌(Veni Creator Spiritus) (1日目を参照

3.ロザリオ-栄えの玄義

[黙想]

『(イエスは言われた。)「はっきり言っておく。私を信じる者は、私が行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。私が父のもとへ行くからである。私の名によって願うことは、何でも叶えてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。私の名によって何かを願うならば、私が叶えてあげよう。」』(ヨハネ14・12-14)

『愛する子供たち! 今日、私は特別な仕方であなたたちと共にいます。そして私はあなたたちに私の母としての平和の祝福を与えます。あなたたち一人ひとりが平和の運び手であるということを理解するように、私はあなたたちのために執り成しをしています。もしあなたたちの心が神との平和のうちにないならば、あなたたちは平和を保つことはできません。小さな子供たち、ですから、祈って、祈って、祈りなさい。なぜなら、祈りはあなたたちの平和の基礎だからです。神があなたの友であるように、あなたの心を開き、神に時間を捧げなさい。神との真の友情が実現される時、どんな嵐もそれを破壊することはできません。私の呼びかけに応えてくれてありがとう』(1997年6月25日のメジュゴリエのメッセージ)

『「もしあなたが、神の賜物を知っていたならば」(ヨハネ4・10)。祈りの素晴らしさは、私たちが水を求めてやって来る井戸のほとりで明らかになります。そこに、私たちに会いにキリストは来られます。キリストはまず私たちを捜しに来て、水を願われます。イエスは渇いておられ、その願いは私たちを慕っておられる神の心の奥底から出て来ているのです。祈りとは、私たちが気づこうと気づくまいと、神の渇きと私たちの渇きとの出会いなのです。神は、私たちがご自身を渇望することに渇いておられます。

「あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう」(ヨハネ4・10)。逆説的なことですが、私たちの懇願の祈りは、実際は一つの応答なのです。すなわち、「我が民は……生ける水の源である私を捨てて無用の水溜めを掘った」(エレミヤ2・13)と嘆かれる生きておられる神への応答、救いの無償の約束への信仰の応答、御ひとり子の渇きへの愛の応答にほかなりません。』(カトリック教会のカテキズム 2560,2561)

4.聖母の連願 (1日目を参照

[結びの祈り]
主よ、あなただけが祈りの源、私たちの愛と友情への渇きを癒して下さる唯一の方です。
あなたご自身を人々にお与えになるミサや、秘跡、聖体讃美式において、ただの人間である司祭の内で働いて下さる謙遜さに感謝致します。
今日、平和の元后の教会で司牧に当たるすべての司祭を特に祝福して下さるようお願い致します。
彼らが願うことを何でも叶えて下さることによって、信じる力をこれまで以上に悟ることができますように。彼らもまた平和の運び手となり、あなたとの友情を深く感じる実りを生み出しますように。アーメン。


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


LINEで送る
Pocket