メジュゴリエのノヴェナ(第4日)-30周年記念

LINEで送る
Pocket

聖母マリアメジュゴリエに聖母が初めてご出現になってからこの2011年6月25日で30周年となります!
この記念すべき喜びの時を祈りのうちに感謝の心で迎えるために、ノヴェナの祈りが呼びかけられています。

このノヴェナは、6月15日から始まり、6月23日に終わります。
どこにいても、この喜びの祈りのうちに一致できる聖母巡礼として、ノヴェナをお捧げしませんか?

(英語: http://www.medjugorje.org/anniversarynovena.htm


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


【第4日】教会のすべての指導者のため

1.平和の元后への祈り (1日目を参照

2.聖霊に対する賛歌(Veni Creator Spiritus) (1日目を参照

3.ロザリオ-栄えの玄義

[黙想]

『イエスは再び言われた。「私は世の光である。私に従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」』(ヨハネ8・12)

『愛する子供たち! 今日、私はこれほど大勢あなたたちを見、あなたたちが私のメッセージに応え、私のメッセージを生きるようになったのを見て幸せです。小さな子供たち、この混乱した世界の中で私の平和の喜ばしい運び手であるよう、あなたたちを招きます。できる限り早く、私が待ち遠しく思っている平和の時代が支配するように、平和のために祈りなさい。小さな子供たち、私はあなたたちの近くにいます。そしていと高き御方の前であなたたち皆のために執り成しをしています。私は私の母としての祝福であなたたちを祝福します。私の呼びかけに応えてくれてありがとう。』(1995年6月25日のメジュゴリエのメッセージ)

『心とは、私が常駐するところ、私が住まう住宅(聖書のヘブライ語的な表現に従えば、「私が戻って来る」ところ)です。それは、自分の理性にも他人の理性にも把握しがたい、私たちの秘められた中心です。ただ神の霊だけが、それを探り知ることがおできになります。心は、私たちの心理的な傾向よりももっと深い所にある決断の場、生か死かを決めるぎりぎりの場なのです。神の似姿である人間が神と真正面から見つめ合う場、つまり、契約を交わす場です。』(カトリック教会のカテキズム 2563)

4.聖母の連願 (1日目を参照

[結びの祈り]
主よ、この世で光の道をあなたへと向かう歩みを導くために、教会を私たちの母として、花嫁としてお与え下さったことに感謝します。
教会において、私たちは皆兄弟姉妹でありまた、キリストの神秘体の一員でもあることに、感謝します。
今日、教会の指導者たちのために祈ります。彼らが、真の頭(かしら)であるあなたとの契約をいつも新たにしますように。この困難な世界にあって、平和と真理を、忠実に、喜びに満ちて運ぶ者となりますように。アーメン。


第1日 第2日 第3日 第4日 第5日 第6日 第7日 第8日 第9日


LINEで送る
Pocket