2012年11月5日のミサの答唱詩編

LINEで送る
Pocket

「神よ、私は驕らず、たかぶらず、
 偉大なこと、身に余ることを求めようとしない。
 心静かに私は憩う、
 母の手に安らぐ幼子のように。」(詩編131・1-2)

日常の忙しさの中にあっても、手を止め、心を上げて、神の御心のうちに憩う時を持つことができますように。


はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です