2011年4月6日のミサの福音

LINEで送る
Pocket

「死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である」(ヨハネ5・25)
私も自分の罪に死んだ者でした。
主の贖いによって救われた命を、何のために、誰のために使いたいのかを考える四旬節としたいと思います。

Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Yahooブックマークに追加

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です