聖ヤヌアリオの血、教皇様の手の中で液体化する

LINEで送る
Pocket

聖ヤヌアリオ2015年3月21日、教皇フランシスコは日帰りでイタリア・ナポリを司牧訪問されました。

朝、「ロザリオの使徒」福者バルトロ・ロンゴ教会を訪れて聖母に旅の安全を祈られてからローマを発ち、途中、ポンペイ・ロザリオの元后大聖堂で祈りを捧げました。
ナポリでは、町の中心部の広場で、集まった沢山の信者とミサを捧げられました。昼食は、訪れた刑務所で受刑者と共にされたそうです。
その後ナポリ大聖堂で、ナポリの保護聖人である聖ヤヌアリオ(サン・ジェンナーロ)の聖遺物の前で祈られました。

聖ヤヌアリオ司教殉教者は、ローマ・ディオクレティアヌス帝下の305年に斬首により殉教しました。
その血は聖遺物として保存されており、普段は乾燥して固まった状態になっています。
しかし、毎年、5月の第1日曜日の前の土曜日(遺体がナポリに来た日)、9月19日(聖ヤヌアリオの記念日)、12月16日(ナポリ市及び大司教区の祝日)に、この血が液体化するという奇跡が起きるのです。

今回パパ様は、この聖遺物に崇敬のキスを捧げた後、聖遺物をもって、集まっている人びとを祝福されました。その際、この血が明らかに液体化したのです。
教皇の目の前で液体化したのは、教皇ピオ9世以来のことです。

パパ様はその後、病人を励まし、若者たちと交流された後、バチカンに戻られました。

= 参考情報 =

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です