2017年1月19日のミサの第1朗読

LINEで送る
Pocket

「イエスは常に生きていて、人びとのために執り成しておられるので、ご自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります。」(ヘブライ7・25)

ミサのたびに確かに現存する形として私たちの元に来られ、養い、救いへと招いて下さる主に、これまで以上に自分自身を委ねることができますように。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です