2013年6月4日のミサの第1朗読

LINEで送る
Pocket

Pocket

「しかし私は、妻を信じようとせず、盗んだと思い込んで、子山羊を持ち主に返すように言い張り、顔を真っ赤にして怒った。」(トビト2・14)

利己主義に陥り周りが見えない時、主の光も、人の好意や愛も見失い、疑ってしまうことがある。心の目が光を失わないように、主よ、どうぞお守り下さい。

はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です