2011年7月4日のミサの福音

LINEで送る
Pocket

「そこへ12年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、後ろからイエスの服の房に触れた。」(マタイ9・20)
時折『苦しい時の神頼み』と自嘲気味に言われる方がおられるが、主はそのような祈りも無碍に退けられることはないのだと思う。
神の無条件の愛に励まされて、今日も生きられることに感謝!

Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加mixiチェックに追加Yahooブックマークに追加

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です