【ご報告】2014年6月12日の東京チェナクルム・ミサ説教(2)

LINEで送る
Pocket

Pocket

2014年6月12日に行われました東京チェナクルムで、ヨキエル神父様(イエズス会)がなさったミサ説教を書き起こしました。
その第2回です。

第1回から読む)(第3回にすすむ

【司式】ハインリッヒ・ヨキエル神父様(イエズス会)

【ミサ朗読個所】

  • 第1朗読 列王記上18・41-46
  • 福音朗読 マタイ5・20-26
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

チェナクルム風景

人に対して悪い気持ちを抱いていて、腹を立てていると、それは結局心の中で人を殺しています。神様はそういう風に見るんです。度々、心の中での罪は、行う罪よりもひどいです。なぜかというと、なかなか治らないんです。長く続きます。罪を行なってしまったら、気持ちが変わります。もうしましたから、今度は回心できますね。しかしずっと憎んでいるならば、なかなか回心しないんです。罪がずっと続きます。それは神様から見て、それは非常に大きな罪です。

神様は本当の愛です。ですから、私たちも神の子として、本当に愛する人でなければならない、すべての人を。
神様は、いくら惨めな人でも、いくら悪い人であっても、愛しています。イエス様が、12人の弟子たちの中で、一番愛していたのはユダでした。なぜでしょうか? ユダが一番危険に瀕していたからです。一番惨めでした。いつもなかなか回心しない。いつまでもお金が欲しい、女が欲しい、遊びが欲しい、名誉が欲しい……。イエス様の本当の姿がまだ分かっていなかったんです。しかし、イエス様は、それだからといってその人を捨てるんじゃないんです。愛するんです。最後まで愛するんです。もし最後にでもユダがその愛に心を開いたならば、助かったんです。素晴らしい弟子になったでしょう。

私たちも、イエス様は心を見ておられるから、イエス様の心に、イエス様の謙遜に倣いましょう。イエス様はご自分も謙遜ですし、弟子の足を洗って、ご自身無に等しい者になったんです。イエス様は奉仕するために来ましたから、私たちもそういうここ持っていれば、イエス様の心が喜びます。そして、私たちはその聖心に償いを捧げることができます。

イエス様の聖心は、それは傷つけられているから、私たちはイエス様を愛するならば、なんとかして償いをしたいと思うんです。イエス様の心の傷を治したいんです。小さい愛の業でも、小さい愛の言葉も、小さい愛の考えでも、神様はそれを受け入れ、使ってくださいます。その功徳を、どこかである人を救うために使われます。ですから、愛は一つも無駄になりません。一つも。それによって、イエス様の傷は和らげられます。それによって、神様は人を救います。また、煉獄の霊魂に対しては、その苦しみをやさしくします。もっと早く天国に入れるようにします。こういう風に、イエス様の心をもっと愛するようにしましょう。

第3回に、つづく [E:clover]

はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です