メジュゴリエの新バチカン特使、指名される

LINEで送る
Pocket

アルド・カヴァッリ大司教様photo © Maurras / WikimediaCommons (CC BY-SA 3.0  )

2021年11月27日、メジュゴリエの新バチカン特使として、アルド・カヴァッリ大司教様が指名されました。今年(2021年)8月13日に帰天されたヘンリク・ホーサー大司教様の後任となります。

カヴァッリ大司教様は1946年生まれの75歳。イタリア北部ロンバルディア州ガルラーテ湖畔の町でパン屋さんの家に生まれました。
長年バチカンの外交官として働いてこられ、在オランダ教皇大使、国際機関化学兵器禁止機関(OPCW)のバチカン代表などを務められました。

これからメジュゴリエで霊的司牧のために働かれるカヴァッリ大司教様の上に、神様の豊かな恵みがありますようお祈り致します。

= 参照情報 =
Pope names Archbishop Cavalli as apostolic visitator to Medjugorje [バチカンニュース]
A new Apostolic Visitator for Medjugorje appointed [Medjugorje.hr]

= 関連記事 =
メジュゴリエのバチカン特使ホーサー大司教様帰天 (2021/08/17)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。