2022年12月8日(無原罪の聖マリアの祭日)のミサの福音

LINEで送る
Pocket

無原罪の聖母

「被昇天と同様、無原罪の宿りにおいても、マリアは、しみもしわも汚れもない聖なる教会(エフェソ5・27参照)の前表である。」(『毎日の読書』より)

「私は主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」(ルカ1・38)

聖母は、その存在の瞬間から、今もなお、謙遜で汚れのない心で、神様のため、私たちのために祈り続けて下さっています。
その祈りに、私たちが愛をもって応えることができますように。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です