2022年3月21日のミサの答唱詩編

LINEで送る
Pocket

水辺の鹿「谷川の水を求めて、あえぎさまよう鹿のように、神よ、私はあなたを慕う。」(詩編42・2参照)

主の怒りや罰を恐れてではなく、愛する主に喜ばれる者でありたいという理由から、回心の恵みを求めることができますように。

Photo by Diana Parkhouse on Unsplash

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。