2022年3月2日(灰の水曜日)のミサの答唱詩編

LINEで送る
Pocket

灰の水曜日「神よ、いつくしみ深く私を顧み、豊かな憐れみによって私のとがを赦して下さい。」(詩編51・3)

私たち一人ひとりの至らなさ、人の愚かさを思いながら、真の平和を求めて、この1日を献げたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。