2019年11月24日(王であるキリスト[祭])のミサの第2朗読

LINEで送る
Pocket

王であるキリスト「神は、御心のままに、満ちあふれるものを余すところなく御子の内に宿らせ、その十字架の血によって平和を打ち立て…万物をただ御子によって、御自分と和解させられました。」(コロサイ1・19-20)

私たちもその贖いに与り、永遠の命のうちへ導き入れていただけますように。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − two =