2018年8月22日(天の元后聖マリアの記念日)のミサの入祭唱

LINEで送る
Pocket

聖母の戴冠「天のきさきは金の衣を身にまとい、王の右に立つ。」(詩編45・10参照)

太陽によって輝く月のように、神の栄光の光を反射する聖母の姿を思い起こします。ゆるしの秘跡を通じて罪の汚れを拭い去り、神の栄光を映すものとなることができますように。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です