2018年3月27日のミサの福音

LINEで送る
Pocket

「ユダはパン切れを受け取ると、すぐ出て行った。夜であった。」(ヨハネ13・30)

誰の心にも夜が来ることもあれば、光差す朝も来ます。どんな暗い夜にあっても希望を捨てずに耐えることができるよう、聖母マリアの助けを願いたいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です