2014年11月29日のミサの第1朗読

LINEで送る
Pocket

Pocket

「もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。神である主が僕[しもべ]たちを照らし、彼らは世々限りなく統治するからである。 」(黙示22・5)

喜びの源である神のみもとで賛美できる日を待ちながら、その日のために「今」を善く生きることができますように。

はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です