2012年9月14日 「十字架称賛の祝日」に

LINEで送る
Pocket

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(ヨハネ3・16)
贖いの生贄としてその身を捧げられただけでなく、私たちに永遠の幸せを与えたいと望まれている神の願いを深く知ることができますように。


はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です