東京カテドラルでの「いつくしみの特別聖年」関連行事(2月・3月)

LINEで送る
Pocket

 

東京カテドラル (c) Guilhem Vellut「いつくしみの特別聖年」ということで、今年は日本各地で「神のいつくしみ」をテーマとする祈りの集いや黙想会がたくさん開かれそうですね。

2月から3月にかけて、東京カテドラル(関口教会)で予定されている「いつくしみの特別聖年」関連行事のご紹介です。

1. 「いつくしみの特別聖年」ミサ
「いつくしみの特別聖年」に合わせ、司教団による特別聖年のためのミサが捧げられます。

日時: 2月17日(水) 18時
場所: 東京カテドラル 聖マリア大聖堂
主司式: 岡田武夫東京大司教
共同司式: ジョセフ・チェノットゥ駐日教皇大使、全司教、司祭団
主催: 日本カトリック司教協議会

2. 主に捧げる24時間
「四旬節第4主日に先立つ金曜日と土曜日に行われる『主に捧げる24時間』の企画は、各教区で力強く奨励されなければなりません。たくさんの人が、再びゆるしの秘跡に近づいています。……確信をもって、もう一度ゆるしの秘跡を中心に据えましょう。ゆるしの秘跡は、いつくしみの偉大さに触れさせてくれるからです。すべての痛悔者にとって、それは真の内的平和の泉となるでしょう。」(『いつくしみの特別聖年公布の大勅書』17)

日時: 3月4日(金)~5日(土)
場所: 東京カテドラル 聖マリア大聖堂
プログラム:

4日(金)
19時~20時導入の講話(指導:英隆一朗神父[イエズス会])
20時~聖体顕示・礼拝
翌朝6時30分まで
5日(土)
7時四旬節第3土曜日のミサ
ミサ後、聖体礼拝再開
(17時30分まで)
15時共同回心式(司式:幸田司教)
18時四旬節第4主日のミサ(司式:岡田大司教)

 

photo © Guilhem Vellut / Flickr

 

= 関連記事 =

= 参考記事 =

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。