メジュゴリエでの聖母のご出現

LINEで送る
Pocket

聖母マリア1981年6月24日、ボスニア・ヘルツェゴビナの小さな村、メジュゴリエに住む6人の子供たちに、聖母マリアが現れました。
以来、今日に至るまで出現は続き、毎月25日には、世界中の人びとに向けてメッセージが与えられています。
このご出現については、現在教会による調査が続いています。

聖母マリアは「人びとが回心し、神と和解するように」と繰り返しおっしゃっています。
今も、メジュゴリエには巡礼者が溢れ、祈りが絶えることがありません。

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラヴィア)の山あいの小さなメジュゴリエ。そこは、1,000人ほどの人びとが主に農業で暮らしている村でした。

それは1981年6月24日(洗礼者聖ヨハネの祝日)の午後6時頃のことでした。二人の少女、ミリアーナとイヴァンカが道を歩いていると、赤ちゃんを抱いた貴婦人の白く光り輝く姿を目にしました。彼女たちは4人の友だちを誘って再びその姿を見に行きましたが、驚くと同時に怖くなり、近づくことはありませんでした。
子供たちの名は、マリーヤ・パヴロヴィッチ、ヴィッカ・イヴァンコヴィッチ、ミリアーナ・ドラジチェヴィッチ、イヴァンカ・イヴァンコヴィッチ、イヴァン・ドラジチェヴィッチ、ヤコブ・コロといいます。

翌6月25日、そのうち4人(ヴィッカ、ミリアーナ、イヴァンカ、イヴァン)の前に再びその貴婦人が現れ、ご自分が誰であるかを語られました。「私は祝されたおとめマリアです」と。

それ以降、聖母はしばしばご出現されました。
幻視者たちは、個別に、または誰かと一緒に日々ご出現を受けました。

聖母は幻視者自身のため、また小教区や世界全体のために「メッセージ」を告げ続けておられます。
それは平和のメッセージ。主から遠く離れてしまった人類を憐れむ愛のメッセージ。神の御心へと連れ戻したいと願う、回心を呼びかけるメッセージです。

= 参考サイト =
http://www.medjugorje.hr/ メジュゴリエ公式サイト

= 関連聖品 =
DVD『メジュゴリエの風景』 DVD『メジュゴリエの風景』[WEBショップ]

メジュゴリエの聖母のメダイ メジュゴリエの聖母のメダイ[WEBショップ]

= 関連書籍 =

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =