初土曜日の信心(初土の信心)


ファティマの聖母ファティマで聖母のご出現を受けた3人の牧童の一人、シスター・ルチアは、聖母から初土曜日の信心(初土の信心)を皆に広めるように頼まれました。
最初に聖母がその願いを伝えられたのは、1925年12月10日、ルチアがまだ修道会の志願者だった時のことです。その後2度にわたって、聖母の願いを伝えられたルチアは、霊的指導司祭を通じて世界に広くこの信心を知らせることとなりました。

それは、聖母の汚れなき御心に対して犯される罪と冒涜を償うための信心です。

初土曜日の信心を果たすには、「5つの条件」とその条件を満たす際に必要な「共通の意向」が要求されます。

  1. 5か月続けて、初土曜日にミサに与ること
  2. その間、月に1度、ゆるしの秘跡を受けること
  3. 償いの聖体拝領をすること
  4. ロザリオを1環唱えること
  5. ロザリオの玄義を15分間黙想すること
  6. マリアの汚れなき御心への侮辱に対する償いという意向を入れること

聖母はこの信心を行うすべての人に、「救いのために必要なすべての恵みにより臨終の時に助けることを約束します」と述べられました。

初土曜日の信心を通じて、私たちのお母さんである聖母の御心を、お慰めすることができますように。

= 参考書籍 =
『ファティマの聖母出現 ―ご出現百周年を迎えて』 『ファティマの聖母出現 ―ご出現百周年を迎えて』 [WEBショップ]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です