2013年6月のパパ様ツイートまとめ

LINEで送る
Pocket

Pocket

2013年6月中、教皇フランシスコによるツイート(ツイッターへの投稿)は20回ありました。
パパ様は、信仰年における教会のあり方について祈って、6月を始められました。

  1. (2013/06/01 日本時間17:01)
    この信仰年に当たり、いつも教会が、神の愛をすべての人にもたらす真の家族であるように、主に祈りましょう。
  2. (2013/06/02 日本時間19:12)
    この世は成功や権力、お金を獲得するようにと語ります。神は謙遜や奉仕、愛を求めるようにと語りかけています。
  3. (2013/06/03 日本時間19:05)
    何をすべきか分かっていても、行動する勇気がないことがしばしばあります。主に信頼しつつ決断するにはどうすべきか、聖母から学びましょう。
  4. (2013/06/04 日本時間17:04)
    キリストは私たちが自分自身からしだいに抜け出すように導かれます。他の人びとに自分自身を与えて、仕えるために。
  5. (2013/06/05 日本時間19:23)
    創造の業とは、歴史の始めに神が言葉を発したというだけではありません。ご計画の一部として、神は私たち一人一人にそれを任せておられるのです。
  6. (2013/06/07 日本時間18:07)
    消費社会では無駄遣いに慣れてしまいます。しかし食べ物を無駄にすることは、貧しく飢えた人びとからそれを盗むようなものです。
  7. (2013/06/09 日本時間19:30)
    『浪費文化』にあって、人間的な生活は尊重され、守られるべき最上の価値であるとは、もはや見做されなくなっています。
  8. (2013/06/11 日本時間18:11)
    一致を恐れてはなりません。むしろ私たちのすべてを一致させて、神に使っていただくようにしましょう。
  9. (2013/06/12 日本時間19:21)
    今日どれほど多くの道徳的、物質的な貧しさに直面していることでしょうか。神を否定して、その代わりに沢山の偶像を祭り上げたために!
  10. (2013/06/16 日本時間19:15)
    教会が常にいつくしみと希望の場所、誰もが迎え入れられ、愛され、赦される場所であるようにしましょう。
  11. (2013/06/16 日本時間17:17)
    誰かに対して怒っているのですか? その人のために祈りなさい。それこそがキリスト教的愛です。
  12. (2013/06/19 日本時間19:59)
    キリスト者には福音を宣べ伝える用意があります。なぜなら、キリストを知った喜びを隠すことはできないものだからです。
  13. (2013/06/21 日本時間19:21)
    教会を導かれるのは主であると、決して忘れないようにしましょう。主が、私たちの使徒職を実りあるものにして下さる方なのです。
  14. (2013/06/23 日本時間0:23)
    自分の人生の意味をイエスのうちに見出したなら、苦しんだり悲しんでいる人に無関心でいることはできません。
  15. (2013/06/23 日本時間19:30)
    私たちは皆罪人ではありますが、主が私たちを偽善者にはされませんように。偽善者は、赦しや喜び、神の愛の意味を知りません。
  16. (2013/06/24 日本時間17:24)
    24時間、言葉と行いで信仰を表す、キリスト者である準備ができていますか?
  17. (2013/06/26 日本時間19:26)
    愛と忍耐、優しさは、とても美しい賜物です。それらを受け取ったなら、他の人々と分かち合いたいと望むことでしょう。
  18. (2013/06/28 日本時間15:28)
    イエスは私たちを思いだけで救われたのではありません。ご自分を低くされて、人となられました。み言葉は肉となったのです。
  19. (2013/06/29 日本時間19:29)
    贈り物や犠牲のように、キリストのために命を失うことを学びましょう。キリストが共にいて下さるなら、失うものはありません!
  20. (2013/06/30 日本時間19:30)
    キリスト者は決して倦んだり、悲しんだりはしません。むしろ、キリストを愛する者は、喜びに満たされ、喜びを輝かせるのです。

以下は、パパ様のツイートの英語原文です。お時間のある時にどうぞ。
(ツイッターからの読み込みに時間がかかる場合があります)

はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です