2013年3月17日のパパ様ツイート

LINEで送る
Pocket

キリストと姦通の女(ブリューゲル画)

※ 画像は、「キリストと姦通の女」(ブリューゲル画)
クリックすると、拡大表示されます。

パパ様用のツイッターアカウントの今後が気になっていましたが、教皇フランシスコは、ツイッターでの発信も引き継がれるようです。
昨日2013年3月17日、日本時間午後8時17分、日曜日正午のお告げの祈り(アンジェラス)に合わせてツイートが行われました。

日曜日のミサ説教の要約

この日は四旬節第5主日、福音朗読は「姦通の女」(ヨハネ8・1-11)の部分でした。
この日の午前中、バチカンの一角にある聖アンナ教会で日曜日のミサを捧げられたパパ様は、原稿なしにお説教をなさり、
「主の最も力強いメッセージは "いつくしみ" です」
「神のいつくしみに信頼することは簡単ではありません。なぜならそのいつくしみは計り知れない深淵であるからです。それでも、信頼しなければなりません!」
「赦しを求めるのに倦んでしまわない恵みを求めましょう。神は決して赦しに倦むことはないのですから。」

と述べられました。

お告げの祈りの言葉の要約

パパ様の初めての「正午のお告げの祈り」の集いに参加しようと、この日15万もの人びとがサン・ピエトロ広場に集まり、喜びに心を弾ませて、バチカン宮殿のパパ様の居室の窓を見上げました。
パパ様は笑顔で巡礼者に応えられ、ミサ説教と同じテーマで、次のように話されました。

「神のみ顔は、つねに忍耐強く、あわれみ(いつくしみ)深い父のみ顔です。」

「カスパー枢機卿は(新著の中で)こう言います。『あわれみ(いつくしみ)の言葉を聞くと、その言葉はすべてを変えます。』世界を変える――これは私たちが聞くことのできる最も素晴らしい言葉です。」

「(神は)私たちを理解し、私たちを心にかけ、私たちを倦むことなく赦して下さいます。」

「問題は、私たちが赦しを求めるのに倦むことです。赦しを求めるのを望まず、それに倦んでしまうことです。神は倦むことなく赦して下さいますが、私たちは、時として赦しを求めるのに倦むのです。赦しを求めるのに倦んではなりません。決して倦んではなりません。神は愛に満ちた父です。」

(お告げの祈り)

「(ローマの信者に)私はイタリアの守護聖人であるアッシジの聖フランチェスコという名を選びました。このことは、私とこの地との霊的な絆を強めます。ご存じのとおり、イタリアは私の家族の出身地だからです。」

「このことを忘れないで下さい。主は倦むことなく赦して下さいます。私たちは赦しを求めるのに倦むにもかかわらず。 」

(全文は、カトリック中央協議会のサイトで読むことができます。 >> 教皇フランシスコの2013年3月17日の「お告げの祈り」のことば

ツイート

―― 以下は、ツイートの訳です。(訳・いつくしみセンター)

「友人の皆様、心から感謝致します。また、私のために祈り続けて下さるようお願い致します。
教皇フランシスコ」

● この日のパパ様写真

Another day of firsts [CNS(Catholic News Service) Facebookページのアルバム]

First Angelus of Pope Francis [バチカン放送局(英語) Facebookページのアルバム]

※ Facebookを利用していなくても、写真を見ることができます。

= パパ様今後の予定 =

3月19日(火)午前9時30分 着座式(教皇就任)ミサ。ミサ後、告白の祭壇前で各国元首と会見。
3月20日(水) 友好使節と会見。
3月22日(金) 外交使節団と会見。
3月23日(土) カステル・ガンドルフォにてベネディクト16世と昼食を共にされる。
3月24日(日)午前9時30分 サン・ピエトロ広場で受難の主日のミサ。
同日正午 サン・ピエトロ広場で「お告げの祈り」。


はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です