第7回世界家庭大会に際して与えられる特別免償

LINEで送る
Pocket

聖家族2012年5月30日から6月3日まで、イタリア・ミラノで『第7回世界家庭大会』で行われます。
今回の大会では「家庭――労働と祝祭」というテーマの下、「家庭、労働と祝日とくに日曜日の必要とをどのように調和できるかを示すことを目指して」います。(カトリック中央協議会HPより)
家庭、労働、祝祭(日曜日・主日・休息)のバランス、皆様の生活ではどのようになっているでしょうか?
この家庭大会の期間中、以下の条件の下、全免償が与えられます。

  1. ゆるしの秘跡
  2. 聖体拝領
  3. 教皇様の意向のための祈り
  4. 世界家庭大会中の典礼に敬虔に参加する。
    (大会に参加できない場合、ミラノの信者と心を1つにして、特にテレビとラジオを通して教皇様の言葉が伝えられる間、家庭の中で主の祈りと使徒信条または他の祈りを唱える。)

また、痛悔の心をもって家庭の善のために祈る方には部分免償が与えられますので、全免償が難しい場合には、神様の愛に応えるために活用できるといいですね。
教皇様は6月1日~3日の日程で、世界家庭大会に参加されます。
なお、教皇様の世界家庭大会参加の模様は、インターネットで中継されます。
以下のリンク先ページのパパ様画像をクリックすると動画が見られます。
http://www.vatican.va/holy_father/benedict_xvi/travels/2012/documents/trav_ben-xvi_milano_20120601_en.html
※ イタリア時間プラス8時間で、日本時間になります。
 (例)イタリア17:30+8時間 = 日本時間25:30[翌日午前1時半]
特にこの大会期間中、皆様のご家庭の上に、主の恵みが豊かにありますように。


はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です