パリ同時テロに対する教皇フランシスコのコメント

LINEで送る
Pocket

Pocket

#prayforparis2015年11月14日(土)イタリア司教協議会のテレビ放送の際、フランシスコ教皇様はパリでの同時テロについて語られました。

教皇様(事件の知らせを聞いて)私は震えが止まらず、苦しくなりました。人間がこのようなことを行えるとは理解できませんし、理解することなど困難です。ですから私は震え、苦しくなり、祈っていました。」

テレビ局ディレクター「これまで教皇様は、第3次世界大戦があちこちで戦われていると度々話しておられますね。」

教皇様「これもその(第3次世界大戦の)一部です。このようなテロ攻撃を正当化できるものは何もありません。
(ソーシャルメディア内でISが犯行声明を出していることについて)『宗教や人間』(宗教や国籍・民族の違い)は、罪のない人びとを殺し、恐怖をふりまく言い訳にはなりません。これは人間の仕業ではありません。」

憎しみあるところに愛をもたらす者になれるよう、パパ様と祈りのうちに一致したいと思います。

= 参考記事 =

はてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です